blog 成功社長の心理学

年収と幸福度の関係

更新日:

こんにちは。

目先の利益をあげるだけではない、1000年続く企業を本気で作る税理士の冨永英里です。

 
コロナウイルスが世界的問題になっている今こそ、軸がぶれない経営が大切です。そんな経営に役立つお話をしていきたいと思います。

 
私のライフワークは、「幸せと黒字経営を両立させて、1000年先も存在している会社を目指す社長さんのお金と心に寄り添う」ことです。

 
仕訳をしているときも、決算書を作っているときも、そして税金の計算をしているときも、

そこに「幸せはあるのだろうか?」を考えています。

 
昔から、幸せの条件に「お金があること(年収が高いこと)」が言われていますが、

お金はあればあるほど幸福度も上がっていくのでしょうか?

 
年収と幸福度の相関関係について、世界的に有名なものをひとつご紹介します。

行動経済学の第一人者であるダニエル・カーネマン教授の研究です。

教授は心理学と経済学を融合して「行動経済学」という新しい分野を作りノーベル経済学賞を受賞した先生です。

その研究によると、次の結果が出ています。

「幸福度は年収7万5000ドル(約840万円)までは収入に比例して増えるが、
それを超えると比例しなくなる」
 
一方、日本の内閣府は2019年に「満足度・生活の質に関する調査」に関する第1次報告書として、

世帯年収別の総合主観満足度の調査をしています。

 
 
 
これによると、

世帯年収が2000万~3000万までが頭打ちで、
それ以上の年収があっても、総合主観満足度(幸福度)はゆるやかに逓減しています。
 
年収の金額が、アメリカのデータとだいぶ違ってはいますが、ここで見るべきポイントは、幸福度が頭打ちになる年収の違いではありません。

 
重要なのは、

「年収はある一定程度を越えると、幸福度は横ばいになる」。
ということです。

 
貴方の幸せの条件と年収、改めて考えてみる参考にしてくださると幸いです。

 
あなたも私と一緒に成功社長の道を歩んでいきませんか?
コロナ禍で世界中が危機を迎えている今だからこそ、会社経営を本質から考えることが必要です。私はそのお手伝いをすることができます。
まずは、ホームページからの「お問い合わせ」待っていますね。
貴方の会社の成功を祈っています。

 
ランキングに登録しております。

よろしければ↓押してください。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

-blog, 成功社長の心理学
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 目先の利益を上げるだけではない 1000年続く企業を本気で作る税理士 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。