プロフィール

 
冨永英里(とみなが えり)
社長の想いを数字につなげ黒字経営へ導く
イノベーションコンサルタント/税理士
 
冨永英里税理士事務所所長
岩手県出身。立教大学法学部法学科卒業
後、同大学大学院法学研究科博士前期課
程修了。
 
実務経験26年、日本の中小企業の3分の
2が赤字経営の中、顧問先の9割を黒字
経営に導く。
社員が20名以下、年商5億前後の家族企
業で誠実な会社へのコンサルティングを
得意とする。経営全般のほか、プライベ
ートの相談にものるなど社長からの信頼
が厚い。一度顧問契約を締結すると20
以上続く会社が多い。
 
1998年税理士事務所独立。『なぜ成功社
長のサイフは薄いのか?』(フォレスト出
版)の他、書籍27冊を出版。また、テレ
ビ東京、週刊ダイヤモンド、サンデー毎
日、日経MJ、CBCラジオなどメディアか
らのオファーも多数。日本税理士連合会
監修の月刊『税理』の連載は6年目とな
り、人気コーナーとなっている。
独立後、事業を広げて税理士法人として
幅広く活動。顧問先が玉石混交になり、
売上が順調に拡大するも自分の会社であ
るにも関わらず自分の会社を辞めたい衝
動に襲われる。
税理士事務所を自分が直接社長と話がで
きる小規模なスタイルに変更。
「1年で赤字経営から脱却でき、その後
も黒字経営が続いている」「社員が楽し
そうに働くようになった」「仕入先や外
注先とお金でもめなくなった」ど満足
度が高い。
 
「想いを数字で表せ!」という理念のも
と、顧問先を継続した黒字経営に導き、
社員が幸せになる会社作りに心血を注い
いる。
学びを記憶に定着化させる手法として、
「学びをエンタメ化」した講演家として
も活躍。室蘭商工会議所・苫小牧商工会
議所、奄美大島法人会、沖縄県中小企業
団体中央会など全国103カ所の商工会
議所・法人会・金融機関で延べ4500名
が受講。講演では実務を再現ドラマ化し
受講者と一緒に演じわける。学びをまと
めたオリジナルソングも人気。
立教大学寄付講座にて非常勤講師として
登壇6年目となるなど、講演活動も好評。
昨今は、事業承継で悩む事業者や社長の
話を聞き、全国各地へ拠点を広げて精力
的に活動を行っている。
 
 
 
 
 
 

更新日:

Copyright© 目先の利益を上げるだけではない 1000年続く企業を本気で作る税理士 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.