blog 成功社長の心理学

「なぜ、話をするとスッキリするのか?(心の浄化作用)」

更新日:

こんにちは。

目先の利益をあげるだけではない、1000年続く企業を本気で作る税理士の冨永英里です。

 
しばらく決算やら支援金などのサポートでブログが更新できていなくて申し訳ありません。

6月に入り、現場の作業も少し落ち着いてきましたので、ブログも再開です。

 
コロナウイルスが世界的問題になっている今こそ、軸がぶれない経営が大切です。そんな経営に役立つお話をしていきたいと思います。

 
今日は私の仕事のスタイルについて少し話をします。

 
<いきなり税務や会計の話に入らない>

 
私はクライアントの社長さんと話をするとき心がけていることがいくつかあるのですが、そのひとつに「いきなり税金や会計の話をしない」があります。

(もちろん時間がない、とか、急ぎの質問があって早く答えが知りたいなど例外がありますが・・・)

 
私がこのスタイルを取り入れているのは理由があります。

実は、税理士になりたてのころは、社長さんの役に立つこととは、税金や会計の知識をアドバイスすることだから、早くお伝えしなくてはと思って、お会いすると、すぐに本題の税金や会計の話に入っていました。

 
するとあるとき、社長さんの様子が落ち着かないときがあることに気が付きました。

気もそぞろな社長さん、イライラモードの社長さん、あるいは沈みがちな社長さん。。。

どれをとっても、心のコンディションはあまりいい状態ではないのがわかるようになりました。

そんなコンディションの状態で、税金や会計の話をしても、頭にすんなり入ってこないし、そこからいい経営判断ができるとも思えません。

そこで、私はお会いしたときに、雑談から入るようにスタイルを変えてみたのです。

雑談をはじめる際の開口一番は次のセリフです。

 
 
「最近どんな感じでしょうか?」
 
税理士は継続的な顧問契約を前提としますので、信頼関係が既にあります。

信頼関係があるからこそ、上記のような「問いかけ」ができます。

すると、社長さんは仕事のことはもちろんですが、時にはプライベートな話もしてくれるようになります。また、最初はいい事柄を話してくださっているのですが、私が「ある手法」を積極的に使いはじめると、どんどん社長さんの本音が出てきて、怒りや不安などのマイナスの感情も一緒に出てきます。

すると社長さんに次のことが起きてきます。

 
社長さんの心がスッキリしてきます。
モヤモヤも晴れて、頭の中の情報が整理されてきます。
 
社長さんの心はとてもいいコンディションの状態になるのです。

いいコンディションの状態の上に、会計や税金の話をしますので当然、頭にも入りやすいし、いい決断もできるのです。

 
 
心理学の世界では、怒りや不安等のマイナス感情を口に出すことでその苦痛が緩和されて心がスッキリすることを「カタルシス効果」といいます。

カタルシスとは浄化という意味です。社長さんは私にいろんな話をすることで心が浄化されスッキリしたというわけですね。スポーツに例えると準備運動です。

社長さんが盛り上がりすぎて、税金や会計の話までたどりつくのに時間がかかることがありますが、そういう社長さんとは、ある程度時間を区切って本題に入り、本題が終わってから雑談に戻ってくるように時間配分を考えます。

 
ところで、このカタルシス効果は、日常生活の中でも起こります。

しかし、相手を間違えると、カタルシスどころか、更にイライラが募ることもありますので、喋る相手は選ばなくてはなりません。

 
カタルシス効果が得られる相手は、どんな人でしょうか?

まずは、相手と信頼関係があることが前提です。

そのうえで、

 
「傾聴ができる人であること」。
 
な~んだ、「傾聴」かって思われた方もいらっしゃるかもしれません。

世の中では「傾聴」=「相手の話をよく聴くこと」と思っている人が多いですから。

しかしながら、自分は傾聴しているつもりでも、相手は傾聴してもらえていると思っていないことも結構あります。傾聴されているかどうか判断するのは、話をしている人です。聴いている人ではありません。要するに相手に「自分は貴方の話を聴いていますよ」と伝える必要があるということです。

そのためには、最低でも以下の条件が必要です。

 
傾聴する際の基本的な態度を知っている。
傾聴のスキルを意識している
傾聴の実践トレーニングを積んでいる
 
これらの条件を満たしているからこそ、話をしている人は「あ、この人は私の話をちゃんと聴いてくれているんだ」と思うようになります。カウンセリングをするときの鉄則でもあります。

しかし、傾聴の条件は、何もカウンセラーの特権ではなく、ビジネスの場においても傾聴はとても役に立つと私は考えています。今回ご紹介した事例もそのひとつです。

 
そして、更には、傾聴がうまくいくとビジネスではこんなよい流れになります。

 
 
相手に気に入られる!

相手に気に入られると、「あなたと契約したい!」
と言われ成約率が上がります。
また、無理な値下げ交渉もされにくくなります。

相手に気に入られていますので、契約も1回限りではなく、
継続していきやすくなります。

結果、売上も利益もアップしていきます!

 
 
いかがですか?たくさんのいいことがついてくる傾聴の世界、このブログでも具体例を順次、ご紹介していきたいと思っていますので、楽しみにしていてくださいね。

あなたも私と一緒に成功社長の道を歩んでいきませんか?
コロナ禍で世界中が危機を迎えている今だからこそ、会社経営を本質から考えることが必要です。私はそのお手伝いをすることができます。
まずは、ホームページからの「お問い合わせ」待っていますね。
貴方の会社の成功を祈っています。

 
ランキングに登録しております。

よろしければ↓押してください。

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

-blog, 成功社長の心理学
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 目先の利益を上げるだけではない 1000年続く企業を本気で作る税理士 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。